スポンサーリンク

グラボをGTX980TIに交換!

img_00_s.jpg
Amazonさんから頼んだグラボが届いた!
※ちなみに、サムネとは見た目が違います※


グラフィックボードって見たことなかったので
結構でかいんだなと、開封して実感
もっと薄っぺらいイメージでしたが、ガッツリ箱


せっかくなので、交換する際のアクシデント等も交えながら書いていきます
※事前にPCからドライバーをアンインストールして綺麗になってるのを前提に進めていきます※
http://xn--dckyab1f5a9d8byf3h.net/beforekoukan.html

使ってるPCのケースはG-Tuneで買った im560
製品ページはこちら→ http://www.g-tune.jp/desktop/nextgear_micro_4/
ちなみに、G-Tuneの検索でこの製番を打っても出てきません
完売御礼とのこと

グラボは前にも言いましたがこいつです

MSI製
こいつを今のGTX770だかと交換
ちなみに、組み上げる際にアクシデントがあったので、このケースとの組み合わせはオススメしません

+ドライバーは2サイズ使いました(後のアクシデントで)
あと掃除用具ですね、普段メンテナンスしてない人は用意しておくと良いですよ
掃除機とか、あと、アレ
こういうの↓
383028_LL2.jpg
埃が凄い場合があるのでマスク着用


電源切って、配線全部外して、作業しやすいところにタワーを移動させたら作業開始
横にしておくと倒れないので良いかもしれません


最初に、メッシュ状になっている側面カバーを外します
タワー後ろ側、外すカバーについてる黒いネジ2つをとれば、カバーを外せます
後ろにスライドさせてからパカッと
写真があれば良かったんですけどね、ちょっと撮り忘れ


カバーを外したら中が見えるのですが、まぁ汚いこと汚いこと
埃の巣窟と化してます
特にファンの周辺とか、空気の出入りする場所が酷い
基盤の部品や配線に注意しながら取れる範囲で埃を取っておきましょう


ある程度掃除が終わったらグラボの取り外し作業へ


肝心のグラボはどいつじゃ、というと
丁度、緑色のファンの正面、横長の基盤むき出しの部品がグラボです
黒いファンがくっついてるでっかい基盤はマザーボード

次はグラボを取ってしまえばいいんですけど
物によっては、画像みたいに補助電源の配線がつながってる場合があります
どれかって?緑色のファンの方にある、黒とか黄色とか白っぽい配線のこと
最初にこれを抜いておきます
ツメで固定されてるので、ちゃんと押すとこ押しながら、ちょっと力入れて引っこ抜いて下さい
あまり力入れすぎると外れた時の勢いでそのまま根元から配線を引っこ抜く場合もあるので注意

補助電源の配線を抜いたら、次にマザーボードとグラボの接続されてる部分に注目
もともと付いてたグラボの種類によってはボードを爪で固定してる場合があります
これに気づかず無理やり引っこ抜くとグラボが割れるか、マザーボードが割れるかのどちらかが起きます
じゃあ肝心の爪はどれか、上の画像に戻ります
丁度、マザーボードの黒いファンの右下、MSIと書かれているSの下辺り
いかにも押しやすそうな青い突起物があるので、こいつを押し下げます
結構硬いです、要力

爪を下げて安全を確保したらグラボを固定してるネジを外します
緑ファンを右とするならば、グラボの左側ですね
ネジの頭が2つ、グラボに繋がる金具を固定しているはずです
サムネで言うならこの赤い◯で囲った部分
img_00_s_20160415193538c76.jpg
このネジを外したら、グラボをゆっくり引き抜きます

無事摘出



あとは新しいグラボと交換してやってきた手順を巻き戻すだけなのですが
ここでアクシデント発生




なんと、ここにきてグラボが上手く入らない!
どういうわけかと言いますと
差し込もうとすると、メモリを固定している爪にグラボが当たってしまい、差し込めない!
なんという悲劇
赤丸の部分がメモリの爪です
CgD_ZbfUkAE8W06.jpg
これはやばいぞ、と
どうにかならないかと考えていたところ、取り外したグラボが基盤むき出しだったのを思い出しました

そして、購入した方のグラボを見てみて
カバーを外したら入るんじゃ?

というわけで、購入した方のグラボのカバーを外します
ファンの裏側、ドラゴンの絵柄が書かれている鉄板を固定している小さいネジを全部外す
10本くらいあったかな?
大きい4つのネジはいじらないでおいてください

無事カバーを外す


恐らく共締めだったので、他の部品が緩むかな?と思いましたが、どこにも変化がなかったのでヨシ
ネジはおまじない程度にまた戻しておきます
浮いてるんで意味ないんですけどね(しかも一本は結局また爪にあたるから外したっていう)

そして、カバーを外したら入ったのかというと


無事入りました
爪との接触もありません
タワーを立てた時に、爪とは真逆にたるむでしょうから、大丈夫ですね
問題は埃ですが...まぁ、大丈夫でしょう
外す前のもカバーなかったし

あとはネジで止めて、爪を戻して、補助電源の配線をつなぐ!
補助電源は配線が2本と6本のコネクターに分かれてて
それぞれセットで束ねられて、最大8と8で繋がるようになってます
この2と6のセットは組み合わせがある?らしく、根元のほうで縛ってあります
刺すときは、2本を先に入れて、6本を後から刺す
コネクターが6本で2本を押すような作りになってるみたいで、逆だと入らない
更に!コネクターも右左があるし、2本と6本、どっちが右か左かも決まりがあります
そこは、接続部分の形をよく見るとわかります
今回は左から2626と並びました

あと、配線がギリギリで
微妙にきつかったので一番コネクターに近い結束バンドはぶった切っておきました
それでもちょっと無理があるんですけどね

配線や掃除が終わったのであとはカバーを戻すだけ
なんですが...
補助電源の配線がちょっと出っ張っている...そのまま蓋をしようとすると当たるじゃないか...
となったので、カバーのメッシュ状になってるところ
そこは出っ張っているので、うま~く、そこに誘導してあげて下さい
無理やりフタをすると、配線が切れるか、折れます


こうして、無事組み立て終了
PCを起動して、グラボに付属されているディスクを入れ、ドライバーをインストール
インストールしたら英語で最後に再起動しろと言われるので再起動

GeForce Experienceを起動、ドライバーを更新
これで終わり!



結構長かった
終わった時はクタクタですよ...特にグラボ扱ってる時なんてもう、壊さないようにと全神経を研ぎ澄ませてましたからね

ちなみに、交換後の様子はというと
ゲーム中のファンの音は、まぁ、大差ないかなと
PSO2の設定6はどんなもんだとやってみた結果も貼っておきます
替える前と後
pso20160403_160017_001.jpg
pso20160415_202145_000.jpg
そんなに違いなくね
まぁ、保証するものではありませんから(震え
FPSは平均でだいたい150くらい、場面によって結構変動がありますが110以下になることはありませんでした
最大だと230FPSとかになってましたが
正直、普段60を上限にしてやってるのであまり気にはしてないかなと
120と240の差とか言われてもわからないし

でも、これでPSO2ならずほかの超負荷のかかるゲームだって安心
770で重いと感じるのたくさんあったしね!

というわけで、今回はここまでです
関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する