スポンサーリンク

Unity5、箱を回転させる

SnapCrab_NoName_2016-8-2_13-28-31_No-00.jpg


友人が「マリオカートのアイテムボックスみたいに箱を回転させたい」と聞いてきまして、自分も「あれ?どうやるんだっけな?」となったので復習も兼ねて回してみました
最近いじってませんでしたからね...
最初に言っておきますが、手抜き記事なのでスクショが少ないです!


準備として、AnimationとAnimatorの2つのタブを予め開いておきましょう、その方が今後も楽なはずです
メインメニューのWindowからそれぞれ開くことが出来ます


そうしたら、適当に箱を作成、Hierarchyで右クリックして、3D Object > Cube でポンと
座標は好きな場所で構いませんが、少し浮かせておいたほうが見やすいかもしれませんね


箱ができたらHierarchyのCubeをクリックして、Animationタブを開きます
Animationタブを開いてからHierarchyのCubeをクリックしても構いません
タブが重なるようなら重ならないように移動させましょう


AnimationウィンドウにCreateと表示されているので押します
すると、アニメーションを保存しようとウィンドウが出てくるので、Assetsフォルダ内にアニメーションフォルダを新規に作るなりして、分かりやすいように保存しておきます、アニメーションの名前も自由にどうぞ
これで、CubeのAnimationが作成されました
同じ場所にアニメーションのControllerファイルも作成されています


保存したらAnimationタブに戻ります
Add Propertyを選択して、Transform > Rotationの+を選択
すると、 右側の◆(Keyと言います)がxyz軸分増えるはずです
増えたら、左上の赤い●を押します
すると凹んだような表示しなりますよね、ボタンを押してるみたいな?
Inspectorの項目や、上の再生ボタンが赤くなったりもします


これで、PropertyのRotationに数値が表示され、クリックしていじることが可能になりました
Inspectorでも変更できるので好きな方で数値を変更して下さい


最初のキーの数値は0、最後のキーは1フレーム左にずらしてから、360と数値を入力します
ずらしたほうが自然に見えるんだとか

SnapCrab_NoName_2016-8-2_12-9-16_No-00.jpg


の右にある▲の再生ボタンを押すと、Sceneビューで箱が1回転していると思います
確認できたらをもう一度押します
これでお終いでもいいのですが、折角なので速度も変更しましょう


CubeのInspectorでAnimatorというコンポーネントが出現しているので
Controllerの右欄にあるアニメーションの名前をダブルクリックします

SnapCrab_NoName_2016-8-2_12-17-27_No-00.jpg


すると、アニメーションのステートが表示されるので、オレンジ色のステートをクリック
InspectorにSpeedという項目があるので、数値をいじって調整してみてください

SnapCrab_NoName_2016-8-2_12-23-11_No-00.jpg


Sceneビューで早くなったり遅くなっていればOK
回すだけですが、結構手間かかっちゃってますかね?
この箱に重力をたしたりするとコレジャナイ動きをしたりするのでアレンジしてみてくださいね~

動いてる様子はコチラ

関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する