スポンサーリンク

ウォッチドッグス2の日本語吹き替えトレイラーが公開

character_img.jpg


前作「ウォッチドッグス」では、シカゴを舞台に主人公"エイデン・ピアース"が街中のシステム(ctOS)をハッキングし、あらゆるものを自在に操りながら、娘を殺した犯人への「復讐」をするべく戦っていく
そんなストーリーでした

今作、ウォッチドッグス2では前作のピアースではなく、黒人男性の"マーカス・ホロウェイ"が主役
ストーリーは公式サイトによると下記のような内容になっています

『ウォッチドッグス』から3年後の2016年。前作に登場した都市管理システム”ctOS”のアップデート版である”ctOS2.0”が支配するサンフランシスコ。このシステムの機能のひとつである犯罪予知機能に誤認識されてしまった主人公マーカス・ホロウェイは、これをきっかけに犯罪ハッカー集団「デッドセック」(DedSec)に加わり、持ち前のハッキング能力を駆使しこの高度なシステムに立ち向かうこととなるのであった。



文字で読んでもパッとしないかもしれないので、早速トレイラーをどうぞ




<日本語版声優一覧>
マーカス・ホロウェイ….............内田 夕夜
レンチ…...................................杉山 紀彰
シターラ・ダーワン…................浅川 悠
ジョッシュ・ソーチャック….........橋本 雅史
レイモンド・ケニー(Tボーン)....山路 和弘
ミランダ・コメイ......................…咲野 俊介
ドゥシャン・ネメック…...............藤原 啓治

<ゲーム情報>
ウォッチドッグス2
発売日: 2016年12月1日
価格: 
パッケージ版 8,400 円(税別)
ダウンロード版 7,500円(税別)
プラットフォーム:  PlayStation4、Xbox One、PCダウンロード
CERO: Z
権利標記: © 2016 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Watch Dogs, Ubisoft, and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the US and/or other countries.
公式サイト:  http://www.ubisoft.co.jp/wd2/


オープンワールドで街中のシステムをハッキングして自在に操る
無印が発売された頃はこのシステム、かなり好評でしたからね
興味のある方はプレイして見ると良いかもしれません

ちなみに初代のトレイラーはこんな感じです





関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する