スポンサーリンク

STEEPのオープンベータで遊んできました!

まだやってます

昨日、オープンベータやってるよ~と記事にしたSTEEP
ダウンロードが終わったので早速遊んできました!
やっぱり雪山はいい物ですねぇ…

▼最初の方、プレイしたものを録画したので良ければどうぞ▼




オープニングやタイトル画面ではアルプスが映っています

はじめはチュートリアルの指示に従いましょう
英語ですが、ボタン表示があるのである程度の操作はマスター出来るかと

ある程度進めば指示通りに動いてもいいですし、自分の好きな場所に行って遊ぶのも良し
他のプレイヤーを見つけてグループを結成して遊び回ったり、各地のジャンプスポットでハイスコアを狙ってみたり...

名称未設定スクリーンショット2016-11-21 15-08-30

名称未設定スクリーンショット2016-11-21 15-36-14

名称未設定スクリーンショット2016-11-21 15-28-24


ちなみに、ゲーム内の時間は自由に決められるようで
写真を取るときなんかに活用したいですね(十字キー上)
夜明けと夕暮れ、どっちのパターンかは決まってる?

キャラクターの外見はオプションボタンからRIDERSを選ぶと変更できるので、好み合わせて服装や装備を変えておきましょう
購入するためにゲーム内クレジットが必要になります
多分、滑ってれば自然と貯まる?
性別は、今のところ髭生やしたおっさん固定

名称未設定スクリーンショット2016-11-21 14-18-33

名称未設定スクリーンショット2016-11-21 18-53-34


ゲーム内での操作ですが、進みたい方向へスティックを倒せばどのタイプでも進んでいきます
初めは難しいなと感じていましたが、結構早く慣れちゃいました
パラグライドやウィングスーツはまた違った感じ
スティックで上下の操作になるのでぶつからないように上げ下げしましょう
ウィングスーツで地面すれすれを責めるの楽しいですよ!



急な坂なんかを高速で滑り降りていく、飛び降りていくのはスリルがあって何度でも遊んでしまいます
マップもオープンワールドですが、ミッションのやり直しやファストトラベルに読み込みは無いようなもの
かなりスムーズにプレイできます
ファストトラベルはどこでも行けるというわけではなく、見つけたスポット(滑り始め、飛び降り地点)のみになります
マップをよく見ると斜線が入ったエリアがあるので双眼鏡で見てみると良いですよ
山の頂上に行きたいんだけど!という人は歩くんだよ!脚があるだろ!
80度位の傾斜もスラスラ登っていけます
(人間じゃない)

ガッツリ堪能しているSTEEPですが、個人的にSTEEPをフルプライスで買うかと言われると悩みどころ
そこまで急いではいないし値下げした頃を狙おうかなぁ
関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する