スポンサーリンク

スパムコメントへの対処(FC2)

ブログをやっていると、スパムコメントというか迷惑コメントというか、そういうものを目にする機会は少なからずあります
なので、このブログではコメント内容にある程度制限をかけていたりするので、不便に感じることがあるかもしれません
(コメントの何割かが英数字のみだと、スパムと判断されコメントできない場合があります)

逆に、代わりと言っては何ですが、制限をかけていない部分もそれなりに
コメントの緩さといいますか...
まず、名前は無記入でもコメント出来るようにしてあります
よく「匿名さん」と表記されている人がコメントを見ると沢山居ますが、無記入の場合は自動的に「匿名さん」になるように設定してあります
これは、何らかの都合で名前を用意したくないという人への配慮であったり、匿名ならと気軽にコメントしてくれればなという狙いもあっての設定
次に、URLを自由に入力できるようにしてあります
もしも、自分のブログを持っていたりだとか、何かを引用する場合に使って頂ければなと思います

しかし、これらは「一定のモラル」があるからこそ許しているものであって、中にはこれを悪い方で使う人も出てきます
匿名を良いことに好き放題書いたり、危険なリンクをURLに入れておくといった行為...
特にここ数週間、目立つ物があるので、そういったものにどう対処しているかをこの機会に説明します
FC2ブログユーザーは「コメントの管理」画面を開きながら読むと読みやすいかも?



まず、変なコメントが来た場合、こちらで見つけ次第「迷惑コメント」に分類しリスト化します
これは「気に入らない」といった軽い気持ちで判断しているのではなく、「明らかに異常だ」と判断したものを迷惑コメントとして管理ページから「報告」しています
こうすることにより、そのコメントが「迷惑コメント」に分類され、ブログでは表示されなくなるものの、管理者ページには残るようになります

この、残しておく行為が重要で、後々役に立ってきます
ここからは個人の裁量、自分の場合は一度目の迷惑コメントはただ非表示にするだけで済ませますが、二度目以降はアクセスを禁止します
永久追放ですね

どうやって一度目か二度目かを判断しているかというと
迷惑コメントの管理画面にある「ホスト」から、投稿者のアドレスを確認できます

SnapCrab_NoName_2016-12-22_15-13-17_No-00kjahgs.jpg


ここで、同じアドレスから迷惑コメントが過去に行われたかを調べます
PCの場合は、表示件数を100にし、Ctrl+Fのショートカットでアドレスを検索すれば簡単
もし前科があれば、そのままアクセスを拒否

ちなみに、自分は「自演行為」が好きではないので
このブログで自分以外が「NF」を名乗った場合
偶然であろうと一発でアクセス禁止にします



このブログでは、自分の中でそういったルールを決めてやっています

色々と自分が言えたことでは無いのですが、日本人はマナーがいいなんて話、よく聞きますよね
でも、そんなものは表向きで、それも国外に出た場合の話
国内であればマナーも何もないですし、ネット世界、さらに匿名となってくると、表で縛っていたものが開放されたかのように、最低レベルのモラルを発揮します
国は違えど、人間なのでそういった人はどこにでも居るのですが、日本ってそういうのが他所の国に比べて良くない気がするんですよね

話がずれましたが、今のところ、このブログではそういった方針でやっています
これを読んでビビッてコメントしなくなったりしたら悲しいので、念を押して言っておきますと、余程変なコメントしない限りアク禁にはしません
気軽にコメントしてくださいね!
関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する