スポンサーリンク

3月7日までアサシンクリード2作品が100円! 他2月のフリープレイなど

映画の公開記念として、今日から一ヶ月間
『アサシンクリード4 ブラックフラッグ』と『アサシンクリード ユニティ』がPSPlus加入者限定で100円で購入できます
流石UBIだ!
ブラックフラッグは一人用のゲームですが、ユニティに関してはオンラインで4人まで協力プレイが出来るので、フレンドを誘って遊んでみるのも良いかもしれませんね

名称未設定スクリーンショット2017-02-08 14-38-14

名称未設定スクリーンショット2017-02-08 14-28-55


以下は作品のあらすじとトレイラーです


◆アサシンクリード4 ブラックフラッグ

1715年、カリブ海────。
この海域は、大国同士の対立で生じた混乱によって、
ならず者どもが跋扈(ばっこ)する無法地帯と化していた。
成り上がりを夢見た屈強な男たちは、皆揃って海へ出た。
彼らは“海賊”となり、カリブ海で交戦を繰り返すのだった。
そして、ここに新たな海賊が誕生した────。
男の名は、エドワード・ケンウェイ。
混沌を嬉々として受け入れ、戦う姿は鬼神そのもの。
さらに船長としてのリーダーシップも備えている。
新船長エドワードの登場が、カリブ海の勢力を大きく塗り替える。
http://www.ubisoft.co.jp/ac4/story/index.html







◆アサシンクリード ユニティ

フランス全土が空前の不況に見舞われ、民衆が貧困と飢餓に喘いでいた。
愚かなる王ルイ16世は王妃マリー・アントワネットと共に富を貪り続け、
国の惨状に目を向けようとはしなかった。
遂に決起した民衆は、バスティーユ監獄を襲撃。
民を抑圧してきた貴族たちに容赦なく反逆の刃を向けたのだ。
革命が目指したものは自由であり、平和であり、平等であるはずだった。
しかし、国の支配を目論む影の勢力により、
決起した民衆は自らが次々とギロチンにかけられることになった。
恐怖で民衆を支配し続ける勢力。
その正体を暴き、自由のために命をかける者は現れるのか────。
http://www.ubisoft.co.jp/acu/story/index.html








◆劇場版『アサシンクリード』 公開中




大作2本が100円、興味のある方は是非購入しましょう
映画の方も面白そうなので観に行きたい所

アサシンクリード以外にも、2月のフリープレイは以下のようになっています

SnapCrab_NoName_2017-2-8_14-28-6_No-00.jpg


3月に発売されるゴーストリコン ワイルドランズに向けて、前作?のフューチャーソルジャーをプレイしてみるのもいいですし、Vitaにはファーミングシミュレーターがあります

ファーミングシミュレーターがあります

上記のフリープレイはPlus会員用なので注意してくださいね
そうでない人も利用できるフリープレイは『エビコレ フォトカノ Kiss』『Everybody's Gone to the Rapture™ -幸福な消失-』『Goat Simulator』の3種類
今月のフリープレイ

SnapCrab_NoName_2017-2-8_15-25-30_No-00.jpg


今月は当たりですねぇ
関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する