スポンサーリンク

【WoT】自走砲はどこにいれば良いのか

最近またWoTに熱が入ってきたので、よく使っている自走砲のことでも話そうかなと

山成射撃が出来て、遠距離から相手に砲撃を食らわすことが出来る便利な車両
"Fuck SPG"と全ユーザーから嫌われる存在ですが、立ち回りによってはもっと嫌われる存在になれるのではないかと、ここ数日のプレイで思いました
今回は2つの立ち回りについて話したいと思います
大したことではありませんが、知っていると戦いやすくなるかも?


まず1つ目が自走砲のいる高さ
どうも低いところよりも高いところに居るほうが敵に当てやすい
大げさな図を描くと下のようになります

高さ


こんなに垂直に弾が落ちることはありませんが、あくまでイメージ
当物が邪魔で敵が撃てない時って結構あると思います
ですが、自分のいる位置が高いほど、建物の裏側に居る敵を倒しやすかったですね
高いところというのは難しい話ではなく、砂漠であればこんな感じ

shot_163.jpg


これだけで、ちょっとした凹みに隠れている車両も狙いやすくなりますし、敵からも見つからない、そして自分も前に何もないので撃ちやすいといい事だらけ

他のマップだと、勝手に他人の様子を載せますが...
こんな場所もあります

shot_156.jpg


近くの敵が俯角の限界で撃てない?
自走砲ならその距離に近づかれている時点でアウトなので諦めましょう、それかその時は降りる
優勢のときは高所を意識して移動してみると良いかもしれません


2つ目は自走砲同士がバラけること
味方に複数自走砲がいる時
近くに固まって支援するよりも、広がっていろいろな角度から撃てるようにしたほうが、敵の行動を抑制出来るのではないかと思います

◆パターンA
物陰2

◆パターンB
物陰3


どっち側に隠れても撃たれるストレスを相手に与え続ければ、味方も敵のスキを付いて前に進めるかもしれません

誰もがやっていることかもしれませんが、覚えておいて損は無いはず
機会があれば活用してみて下さい
関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する