スポンサーリンク

Unity 5 のスクリプトを Visual Studio で開く方法

Unity5でスクリプトを編集する際、クリックしたら MonoDevelop ではなく Visual Studio が起動するようにしたい人向けの情報
足りない手順があるような気もしますが、大丈夫でしょう

Visual Studio で開くには、まずは使っている Visual Studio に合った Visual Studio Tools for Unity をダウンロード、インストールします

リンクはこちら
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/dn940025.aspx

インストールが終わったらUnityを起動して、適当なプロジェクトを開いたらメインメニューから

Edit > Preference... と開きます

SnapCrab_Unity Personal (64bit) - Untitled - 2_2_Sample - PC Mac Linux Standalone DX11_2017-5-4_16-19-27_No-00


すると小さなウィンドウが開くので

External Tool > External Script Editor

の所を、Visual Studio に変更します
それと、画像だと隠れていますが、すぐ下にある Editor Attaching にチェックを入れて下さい

SnapCrab_Unity Preferences_2017-5-4_16-20-5_No-00


これで、スクリプトをクリックすると Visual Studio で開けるはずです
「開かない」という人は諦めましょう
多分、Visual Studio Tools for Unity が上手くインストールできてないかもしれません

インストールがちゃんと出来たかを確認するには、Unity のメインメニューで

Help > About Unity

と、クリックすると変なウィンドウが開くので、左下の Mono の下に小さく Visual Studio~ と書かれているところが、enabled(使用可能) になっているかで判断できます

SnapCrab_About Unity_2017-5-6_1-43-33_No-00


最初に付いてる Mono 君はかなり不評みたいなので、イライラしていた人はこれでスッキリ出来るといいですね
関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する