スポンサーリンク

MMD のモデルを Unity で読み込んでみました

またぼちぼち再熱し始めた Unity
燃えだしたなら前の続きやれって話ですが、流石に今からは面倒なので違うことで遊びます。

以前、どこかで MMD のモデルを Unity で読み込むことが出来るといった記事を目にしたことがあったので、今回はそれを試してみました。
調べてみると、MMD4Mecanim というアセットなのか拡張機能なのかを Unity のプロジェクトにインポートして、MMD のモデルデータやモーションデータを Unity で読み込める形式に変換するというもの。
古い記事になりますが、「VMDのモーションデータをMMD4Mecanimを使ってUnityへ取り込む方法」という記事で詳しい?説明がされています。

モーションのタイプが Humanoid か Generic かで合ったり合わなかったり、胴体の座標が固定されているせいで変な動きをしたり、モーションが付いても関節が滅茶苦茶になっていたり、モデルが真っ黒になったりと、普通にアニメーションを付けるのとは大分違いましたね。
特に、元からある Unityちゃん のモデルに MMD のモーションを付けるの無理がある様子。
T字のまま動かないか、S字で硬直するか、ゲッダンするかの三択。
逆パターンもありました。

Unityちゃんは Humanoid で作られているのに対して、MMD は Generic なのが原因なんでしょうけどね...
どうにか上手く出来ないものか(タイプを変えてもゲッダン)。

最終的に、どちらも MMD 用のモデルとモーションで動かしてしばらく遊んでいました。

hackaunity.jpg


なんと動画もあります。

今回は躍らせるだけで力尽きましたが、次はキャラクターを移動させたりとかしようかな?
なかなか面白そうではないかと思っている。

最後に、動画で使ったモーションと曲とモデルのURLだけ貼っておきますね。
モーション:http://www.nicovideo.jp/watch/sm31498135
モデル:https://hackadoll.com/mmd / https://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/pages/446.html
BMG:https://youtu.be/5cL_su4SKCE
関連記事

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する